キレイめコーデ 冬

キレイめコーデアイテムならどんな場面でも怖くない!

クリスマスに忘年会、新年会に初詣……それが終われば次はバレンタイン!と、冬はとにかく男性にとって見逃せないイベントが盛りだくさんの季節です。
彼女がいる人なら、かなりデートの回数が増える時期なのではないでしょうか。
「こんな楽しい季節を独り身で過ごすなんて!」と、コンパの回数も増える傾向があるようです。

 

せっかくですから、こうしたイベントを楽しいたいですよね。
イベントを楽しむために必要なものといえば、「楽しむぞ!」というハイテンションと、オシャレなファッションです。
「ファッションは別に何でもいいのでは?」と思われる男性、いるかもしれませんね。

 

しかし、実はここってとても重要なポイントなんです。
あまりにファッションが雑だったり、そのイベントにそぐわないファッションだったりすると、周りのテンションが下がってしまいます。

 

「それ、オシャレと思って着てるの?」と聞きたくても聞けない空気……気まずくて、逃げたい気持ちになりますね。

 

こうした雰囲気ぶち壊しを避けるためにも、ファッションはある程度考えておくべきです。

 

無難でカッコいいメンズファッションといえば、なんといってもキレイめコーデですね。特に今冬はキレイめ男子がモテる傾向にあります。
キレイめコーデであれば、ドレスコードでもない限りハズしてしまうということもありません。
誰でも似合いますし、嫌う人もいない万能コーデです。

 

特に今冬はチェスターコートやピーコートといったキレイめアウターまで大ブームになっているほど、キレイめコーデが流行っています。

 

カジュアルなファッションよりも女性に好かれやすい傾向のファッションジャンルなので、合コンでもデートでもガンガン使っていきたいファッションです。

 

しかし、みんながキレイめコーデをして、没個性となり埋もれてしまうのもちょっと悲しい話。
やっぱり「ちょっとオシャレな人」と思われたいですよね。

 

そのためにも大事なのは、キレイめコーデアイテムの中でも自分に似合う物を揃えることです。

 

どんなに流行っていても、似合っていなければ意味がありません!
ここでは、今流行りのさまざまなキレイめアイテムを紹介していきますので、自分に似合った物を選ぶ参考にしてみてください。

 

【決定版】メンズ冬ファッション。2015年着たいキレイ目コーデ トップページへ

自分に似合うキレイめコーデアイテムを探そう!記事一覧

身長170OVERならチェスターコートコーデでキメよう

長身男性というと、もうそれだけでかなりポイントの高いステータスなのでカッコイイですよね。スラっと背が高いと、本当にどんなコーデでも似合うものですが、女子視点で”今年の冬服で是非とも着てもらいたい!”と、思うものは何と言ってもチェスターコートです。チェスターコートは見た目も丈長背広のようなシンプルなコ...

≫続きを読む

大活躍のシンプルニットソーはV字ネックで大人っぽく

カットソーには無い、上品で大人っぽい着こなしが出来るアイテムと言うとニットソー。オシャレには勿論の事ですが寒い冬場、ニットは着ていて暖かい素材のアイテムなのでこれからの季節の寒さ対策にもぴったりなインナーアイテムとして注目されています。勿論1枚でも着こなす事が出来ますし、シャツの上から羽織る事だって...

≫続きを読む

ダサくないダウンジャケットの選び方

寒い冬に温かく過ごす事が出来るアウターとして一番に上がるものと言えばダウンジャケット。けれど、ダウンジャケットって『着ると見た目が何かおかしい』『やばい程ダサい』なんて感じた事はありませんか? やたらと上半身がデブに見えてしまたり、インナーアイテムを着込む事によってモサっとして何だかダサイなんて思っ...

≫続きを読む

カジュアルなデニムはピーコートのキレイめアウターで冬コーデ

デニムボトムスというと1年を通して流行廃りの無い定番系アイテムですね。けれどデニムはカジュアルスタイルな印象が結構強過ぎて、冬になると”アワセが出来るアウターアイテムが限られてしまうもの”と思われがちかも知れません。例えばデニムボトムスが合わせやすいアイテムというとダウンジャケットやライダースジャケ...

≫続きを読む

ざっくりニットでキレイめコーデに甘さをプラス♪

冬の定番アイテムというと何と言ってもニットですが、男性で着ている人って意外にも少ないものですね。”ニットは女の子が着るもの”なんて先入観を持っている方や、”手入れの方法も面倒くさい”と思っている方も結構多いそうです。そんな理由もあって『厄介そうだし手を出さない』なんて方も結構居るそうですが、それでは...

≫続きを読む

脱・無難!洋服の色で悩んだら「ブルー系」を選ぼう

ふと気づくと、持っている洋服の色が無難な色で統一されていた……なんて事はありませんか?目立ってしまう事を避けたいがために、黒や白などの服ばかりを購入してしまう人は少なくないでしょう。さらに、「メンズ」と「冬服」という条件が重なると、ついつい暗い色の服を選びがちになってしまう人も多いようです。しかし、...

≫続きを読む